“自衛権の発動を妨げない” 自民議員が9条改正案[2018/01/24 14:36]

 自民党の保守系の有志議員が憲法9条の改正案として戦力の不保持などを定めた2項を残したうえで、新たに3項に「自衛権の発動を妨げない」と書き込む案をまとめる方針を決めました。

 自民党・青山繁晴参院議員:「総理の真意をくんで第2項は残すものの、総理のおっしゃる自衛隊の明記ということではなく、『自衛権』という言葉にして、第3項として『自衛権の発動は妨げない』ということにしたいという提案をしました」
 憲法9条の改正を巡っては、自民党内には安倍総理大臣が考える戦力を持たないなどと定めた2項を残して自衛隊を明記する案と、石破元幹事長が述べている2項を削除して自衛隊の目的・性格をより明確にする案があり、議論が行われてきました。今回の案はそれらに続く新しい提案となります。青山議員らは来週にも開かれる自民党の憲法改正推進本部で提案する方針です。