五輪2連覇の偉業…羽生選手に国民栄誉賞授与へ[2018/03/02 10:32]

 安倍総理大臣は、平昌(ピョンチャン)オリンピックのフィギュアスケートで2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦選手に対し、国民栄誉賞を授与する方針を固めました。

 菅官房長官:「今回の快挙は日本国民に大きな感動と勇気、社会への明るい希望を与え、震災復興への力強いメッセージとなりました。国民栄誉賞の授与について検討を進めるよう、総理から指示がありました」
 羽生選手の連覇は66年ぶりの快挙で、右足首のけがを乗り越えて国民に感動と勇気を与えたことや東日本大震災の被災地支援の取り組みなども評価されました。授与が正式に決まればスケート界では初めてで、個人としては最年少での受賞になります。政府は今後、有識者から意見を聞くなど、最終調整に入ります。

こちらも読まれています