森友めぐる“財務省の文書修正”報道で麻生大臣は[2018/03/02 11:48]

 森友学園に関する財務省の文書が問題発覚後に修正されたとの一部報道がありました。これについて参議院予算委員会で取り上げられましたが、麻生財務大臣は事実関係の明言を避けました。

 (政治部・小西弘哲記者報告)
 麻生大臣は捜査に全面的に協力していると述べるにとどめました。
 麻生財務大臣:「財務省としてはこの捜査に全面的に協力をしている段階でありまして、お答えするということが捜査にどのような影響を与えるかにつきましては予測し難いために、今のことに関しては答弁を差し控えねばならないものだと思っている」
 一部報道によりますと、森友学園を巡る国有地取引で、財務省の決裁文書が契約した時と問題になって以降では「特例」などの言葉がなくなっているとして書き換えられた疑いがあると指摘されています。これについて野党側は財務省からヒアリングを行いましたが、財務省側は捜査中だとコメントを避け続けたのに対し、「なぜ急に答えられなくなるのか」と押し問答が続きました。野党側は2日午後の委員会でもこの問題の追及を続ける方針です。