「訴追の恐れ…」佐川氏、肝心部分で証言拒否を連発[2018/03/27 11:49]

 国会では森友学園に関する文書改ざん問題を巡り、佐川前国税庁長官の証人喚問が行われました。しかし、佐川氏は改ざんの理由などについて、「訴追の恐れがある」と答弁拒否を繰り返しました。

 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、何事も付け加えないことを誓います」
 参議院予算委員会・金子原二郎委員長:「誰が、どのような動機で、いつ、誰に書き換えを指示したのか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「私が捜査の対象であり、刑事訴追を受ける恐れがありますので、その点については答弁を差し控えたい」
 自民党・丸川珠代参院議員:「佐川さん、理財局に対して安倍総理からの指示はありませんでしたね」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「ございませんでした」
 自民党・丸川珠代参院議員:「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「ございませんでした」
 自民党・丸川珠代参院議員:「官房長官、官房副長官、総理秘書官からの指示はありましたか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「ございませんでした」
 自民党・丸川珠代参院議員:「安倍総理の秘書官からの指示はありましたか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「ございませんでした」
 自民党・丸川珠代参院議員:「この書き換えは、例えば安倍総理や総理夫人の名前を記録から消すために行われたのでしょうか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「刑事訴追の恐れがございますので、お答えを控えさせて頂きたい」
 自民党・丸川珠代参院議員:「何らかの圧力を理財局が受けて、判断を変更したという経緯は確認できましたか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「私が昨年、国会答弁したなかでは、そういうことはございませんでした。国会答弁をさせて頂いたなかで言えば、総理も総理夫人の影響もございませんでした」
 民進党・小川敏夫参院議員:「自分や妻の関与があれば、総理を辞めるという趣旨の答弁がありました。こうした総理の答弁を受けて、特に証人、あるいは財務局の方で答弁に対する姿勢というものについて影響はありましたか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「総理の答弁の前後で、私自身が答弁を変えたという意識はございません」
 民進党・小川敏夫参院議員:「官邸の指示がない、総理の指示はない、色々指示がないというお話を頂いた。指示という言葉ではなく、協議や連絡や打ち合わせはどうですか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「協議とか相談とか、そういうものはございませんでした」
 共産党・小池晃参院議員:「決裁文書に昭恵夫人の名前が何度も出てくることについて、どう受け止めたか」
 前国税庁長官・佐川宣寿氏:「大変恐縮でございますが、まさに書き換えが行われた決裁文書に関わる問題でございますので、答弁を控えさせていただきます」
 共産党・小池晃参院議員:「これでは証人喚問の意味は全くありません」

こんな記事も読まれています