イラク日報発見者「国会で問題という認識なかった」[2018/04/06 05:51]

 陸上自衛隊の山崎幕僚長は、イラクの日報を去年3月に見つけていた責任者が「国会対応で問題になっている文書という認識がなかった」ことを明らかにしました。

 防衛省・山崎陸幕長:「(日報を見つけた教訓)センター長については、イラクの(日報)問題が国会で対応、問題になっているという文書であるという認識はなかったと(報告受けてる)」
 また、このセンター長は「南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報に関する調査の対象ではないので報告しなかった」とも話しているということです。これに先立ち、自衛隊制服トップの河野統合幕僚長も、一連の日報問題についておわびしました。
 防衛省・河野統幕長:「結果として、大臣及び国会に対して背信的な行為を行ったと言われてもしょうがない。このように思っています」
 防衛省は調査をしたうえで、今月中旬にも問題となったイラクの日報を公表したい考えです。