加計学園を巡り 進次郎氏が柳瀬氏の主張に疑問[2018/04/12 00:05]

 加計学園の獣医学部新設を巡り、当時の柳瀬総理秘書官が「首相案件」と発言したとされる問題について、自民党の小泉筆頭副幹事長は、柳瀬氏の反論に疑問を呈しました。

 自民党・小泉筆頭副幹事長:「経産省の柳瀬さんは『記憶の限りでは会っていない』と。普通、『記憶の限りでは』という注釈をつけなきゃいけないんだったら、『会ってない』ということだって言い切ることができるはずないじゃないですか」
 一方、石破茂元幹事長は、こうした問題が相次ぐ背景として「安倍一強」と言われる今の政権の問題点を指摘しました。
 自民党・石破元幹事長:「官邸の方針に従わないと選挙で不利になるとか、ポストがもらえないとか、本当かどうか分かりません。逆らったらもうだめっていうことをやっていると、誰もものを言わなくなる」