「大事な法案が…」自公幹部が会合、結束を確認[2018/04/12 08:00]

 加計学園の獣医学部新設を巡る問題などで国会が紛糾するなか、自民党と公明党の幹部が会合を開き、後半の国会に向けて結束していくことを確認しました。

 自民党・森山国対委員長:「加計の備忘録なるものに書いてある問題について議論をすることは大事だと思うが、そのことで大事な法案が犠牲になることがないよう両方ともしっかりやることが大事」
 国会では不祥事を巡る野党の追及が続き、働き方改革関連法案やカジノを含むIR(統合型リゾート)実施法案の成立が見通せない状況です。そうしたなか、与党幹部は重要法案の成立を目指して協力していくことで一致しました。