総理「申し訳ない」セクハラ問題で山口代表に陳謝[2018/04/24 17:00]

 安倍総理大臣は公明党の山口代表と会談し、セクハラ問題による財務次官辞任などを受けて、「政府の信頼を損なっていることは大変、申し訳ない」と陳謝しました。

 公明党・山口代表:「色々なことが重なって、政府の信頼を損なっていることは大変、申し訳ありません…と、ぜひここはしっかり立て直しを政府として誠意を持って取り組みたい…と、お話がありました」
 福田財務次官の辞任を巡って、山口代表は「世間の厳しい批判が起こるのを予測しながら対応が遅れた」と苦言を呈しました。安倍総理は「国民の皆さんの厳しい見方というものは謙虚に受け止めていかなければならない」と語ったということです。一方、野党の審議拒否が続く国会の対応については、最重要法案として働き方改革関連法案のこの国会での成立を目指す方針で一致しました。