日米首脳が電話で会談 “米朝”巡り対応協議か[2018/05/10 10:32]

 安倍総理大臣は10日午前、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。日中韓首脳会談や北朝鮮問題について協議したものとみられます。

 電話会談は午前10時すぎから始まりました。このなかで安倍総理は、9日に行われた日中韓首脳会談で朝鮮半島の完全な非核化で一致したことなどを説明したものとみられます。また、中国の李克強首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とそれぞれ会談した内容についても説明した模様です。さらに、北朝鮮を訪問したアメリカのポンペオ国務長官と金正恩委員長の会談についても協議したものとみられます。米朝首脳会談の日時や場所、北朝鮮に拘束されていたアメリカ人3人が解放されたことなども議題になっている可能性があります。安倍総理としては米朝首脳会談に向け、日米の連携をアピールする狙いがあります。