沖縄「慰霊の日」に総理 「普天間基地移転進める」[2018/06/23 19:08]

 安倍総理大臣は沖縄戦の追悼式典に出席後、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設について計画通り進める考えを改めて強調しました。

 安倍総理大臣:「普天間基地の一日も早い全面返還を実現するために最高裁の判決に従い、関係法令にのっとって移設を進めていく考えであります」
 安倍総理は普天間基地が辺野古に移転すれば、アメリカ軍機の飛行経路が学校や住宅の上空から海上に移り、安全性が大幅に向上すると主張しました。また、21日に名護市で農作業小屋の窓が割れ、銃弾のようなものが見つかった件については「人命に関わる重大な問題」だと指摘したうえで、アメリカ側に当面、射撃場の使用を中止するよう要請し、アメリカ側が応じたと明らかにしました。