大雨特別警報の発表方法 迅速避難へ見直し検討[2018/07/09 18:48]

 記録的な被害を受けて政府は、大雨特別警報の発表方法を見直す考えです。

 菅官房長官:「豪雨による被害のリスクを少しでも減らすため、政府としてどのようなことができるのか改めて検討する必要がある」
 菅長官は、迅速な避難を促すために大雨特別警報の発表方法の見直しを検討する考えを示しました。今回の豪雨では、特別警報の発表が遅れたケースや発表があっても住民が避難しなかった例がありました。大雨特別警報は、数十年に一度の大雨が予想される場合に警戒を呼び掛けるため気象庁が発表します。