総裁選 自民党二階派が安倍総理に“支持”伝える[2018/08/07 23:27]

 自民党二階派の会長代行を務める河村建夫元官房長官は安倍総理大臣と面会し、総裁選挙で派閥として支持する考えを伝えました。

 自民党・河村建夫元官房長官:「(総理は)大変、心強いということは言っておられた。非常に気持ちとしては抑えながらも、高揚した気持ちを抑える感じで受け取られたのではないかと、こう思います」
 二階派は安倍総理を支持する国会議員43人が署名した推薦状を安倍総理に提出しました。また、二階幹事長は、安倍総理の3選が有力視されていることを念頭に「淡々と理想的な姿で進んでいる」という認識を示しました。さらに、総裁選挙や選挙後の人事を巡って党内で対立の懸念があることについては「今回くらい穏やかで爽やかな選挙を迎えることはない」と否定しました。