安倍総理が出馬表明 石破氏「正直、公正」変更も[2018/08/26 19:00]

 安倍総理大臣は、視察先の鹿児島県で自民党総裁選への立候補を正式に表明しました。

 安倍総理大臣:「子どもたちの世代、そして孫たちの世代に美しい伝統あるふるさとを、そして誇りある日本を引き渡していくためにあと3年、自由民主党総裁として内閣総理大臣として、日本のかじ取りを担う決意であります。その決意のもと、来月の総裁選挙に出馬致します」
 桜島を背景に総裁選への決意を表明した安倍総理。鹿児島での表明には「地方重視」の姿勢をアピールする狙いがあるとみられます。
 安倍総理大臣:「歴史の大きな転換点を迎えるなかにあって、日本の国づくりをどのように進めていくか、どのような国づくりをしていくかが争点。そういう骨太の議論をしていきたい」
 一方、すでに立候補を表明している石破元幹事長ですが、支持拡大に向けて「戦略の見直し」を迫られています。
 自民党・石破元幹事長:「支援をして下さる方が明確になってくると思いますので、唯我独尊ではなくて色んなご意見のなかから、何が一番訴える力を持つか、皆で議論しながら最終的に私の責任で決めていきたい」
 出馬表明時に掲げたキャッチフレーズ「正直、公正」が「安倍総理への個人攻撃」との反発が自民党内に根強くあることから変更を示唆しています。