ギャンブル依存症対策で計画策定へ 来年4月まで[2018/10/19 16:55]

 カジノを含むIR(統合型リゾート)の整備に向けてギャンブル依存症対策などを検討する会議が開かれ、菅官房長官は来年4月までに基本計画を策定する考えを示しました。

 菅官房長官:「ギャンブル等依存症問題啓発週間に知識の普及・啓発に徹底的に取り組めるよう今から準備をし、この啓発週間に間に合うように基本計画を策定をして頂きたい」
 菅長官は具体的な対策として、本人や家族の申し出でカジノの利用を制限することや依存症の患者が適切な医療を受けられるようにすることが重要だと強調しました。基本計画は来年5月中旬のギャンブル依存症対策の啓発週間を見据えて、4月までに閣議決定する予定です。