片山大臣が200万円の献金巡り収支報告書を訂正[2018/11/01 09:45]

 片山さつき地方創生担当大臣は、2年前に複数の業界団体から受け取った政治献金を収支報告書に記載していなかったため、訂正したと発表しました。

 政治資金収支報告書によりますと、参議院選挙が行われた2016年6月から7月にかけて、複数の業界団体が合わせて200万円を片山氏が代表を務める政党支部や後援会などに支払いました。しかし、片山氏側の収支報告書にはその献金を受けたという記載がありませんでした。指摘を受けて片山事務所は先月31日、「当時の秘書が退職してしまい、記載が漏れてしまいました」とコメントを発表しました。収支報告書も直ちに訂正しています。