来年限定の“10連休法案” 自民党が了承[2018/11/09 14:42]

 自民党は皇太子さまが新天皇に即位される来年5月1日を来年に限り、祝日とする法案を了承しました。この法案が成立すると、ゴールデンウィークは10連休となります。

 この法案により、来年は4月29日の昭和の日、5月1日の祝日、3日の憲法記念日、さらに祝日法の規定により、祝日に挟まれた平日の4月30日と5月2日も休日となることから、4月27日から5月6日まで10連休となります。また、この法案では、新しい天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」を行う10月22日も1年限りの祝日とすることを定めています。自民党の総務会では10連休が金融機関や医療機関に与える影響を考えて「国民に対し、できるだけ早く周知すべきだ」という意見が出ました。