プーチン氏と北方領土で在日米軍の議論 安倍総理[2019/01/01 11:51]

 安倍総理大臣がANNの単独インタビューに応じました。北方領土問題を巡り、ロシアのプーチン大統領との会談で在日アメリカ軍の問題を議論したことを明らかにしました。

 安倍総理大臣:「日本や極東の平和と安全を守るために、在日米軍の存在があり、決してロシアに対して敵対的なものではありません。これは、今までもプーチン大統領に説明してきたこともございます」
 プーチン大統領はこれまで、北方領土が返還された後にアメリカ軍の基地が設置されるのではないかと警戒感を示してきました。安倍総理は「必ずご理解頂ける」と述べ、ロシア側との協議に自信を示しました。また、日ロ平和条約の締結に向けて今月下旬に予定されているプーチン大統領との会談で「具体的な進展を見たい」と述べ、「両国が受け入れ可能な解決策を必ず見つけていきたい」と意欲を示しました。