迫撃砲訓練を再開へ 誤射事故の再発防止策完了で[2019/01/11 19:11]

 防衛省は、滋賀県の饗庭野演習場で発生した誤射を受けて中止していた迫撃砲の訓練を全国で再開することを決定しました。

 去年11月、滋賀県の饗庭野演習場で訓練中に迫撃砲の砲弾が近くを通る国道の脇に誤って着弾し、一般の乗用車の窓ガラスなどを破損しました。そのため、防衛省は全国で迫撃砲の訓練を中止していました。防衛省は11日、安全点検マニュアルを徹底して射撃する方向の左右の限界を白線で示すなど再発防止策が完了したとして、迫撃砲の射撃訓練を全国で再開することを決めました。去年末には饗庭野演習場がある滋賀県高島市の市長が訓練再開を容認する発言をしていました。