安倍総理 参院選「先頭に立つ決意」[2019/02/10 15:54]

 自民党は党大会を開き、統一地方選挙と参議院選挙の勝利を目指して結束して臨むことを確認しました。

 自民党は「12年に1度の政治決戦」と位置付けていて、安倍総理大臣も演説の序盤から選挙に触れました。
 自民党総裁・安倍総理大臣:「成長なんかできないと諦めていたあの時代(民主党政権)に戻すわけにはいかない」
 また、「12年前の参院選の惨敗は総裁であった私の責任だ」としたうえで、今回の選挙について「先頭に立つ決意だ」と力を込めました。また、けがから復帰した谷垣前幹事長がスピーチしました。
 自民党・谷垣前幹事長:「この選挙に勝利をして、安倍総理、二階幹事長のもとで結集して安定した政治をつくっていきますように」
 ただ、不正統計問題などで対応を誤れば政権へのダメージは避けられず、難しいかじ取りが迫られています。