総理「普天間固定化避ける」 沖縄県民投票結果受け[2019/02/25 07:46]

 安倍総理大臣は、24日の沖縄県名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票の結果を受けて取材に応じ、「今回の県民投票の結果を真摯に受け止め、これからも基地負担軽減に全力で取り組んでいく。世界で最も危険といわれる普天間基地が固定化され、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない。日米が全面返還に合意してから20年以上、実現されていない。もうこれ以上、先送りすることはできない。これまでも長年にわたって県民の皆様と対話を重ねて参りましたが、これからもご理解を頂けるよう全力で県民の皆様との対話を続けていきたい」と述べました。

こんな記事も読まれています