総理“北朝鮮情勢”触れず 防衛大卒業式の訓示で[2019/03/17 14:14]

 安倍総理大臣は防衛大学校の卒業式で訓示し、厳しい安全保障環境に向けて「体制を抜本的に強化する」と強調する一方で、北朝鮮情勢については触れませんでした。

 安倍総理大臣:「今、この瞬間もこれまでとは桁違いのスピードで、我が国の安全保障環境は厳しさと不確実性を増しています」
 そのうえで、サイバー攻撃や宇宙空間など、新たな脅威を例に挙げて「これまでの国家安全保障を抜本から変えようとしている」と述べ、対応を強化していく考えを強調しました。また、今回、北朝鮮や中国などを巡る情勢については訓示のなかで触れませんでした。今後の関係の進展をにらんだためとみられます。今年度の卒業生は留学生を除いて478人で、このうち自衛官にならない任官拒否者は去年より11人多い49人でした。