「国交断絶も検討すべき」 日韓関係めぐり強硬論も[2019/03/27 18:46]

 「国交断絶も検討すべき」という強硬論も上がりました。

 自民党・領土に関する特別委員会、新藤委員長:「従来にないことであります。絶対に許せない。必ず阻止しなければいけない。言葉だけの抗議ではなく、現実的な具体的な対抗が取れないのかと」
 自民党は、韓国が竹島周辺の海域でドローンでの調査を計画していることなどについて協議しました。出席者からは「国交断絶も含めて検討すべきだ」「ここで駐韓大使を帰国させなくていつ帰国させるのか」などの強硬な意見が相次ぎました。これを受けて政府に対し、竹島周辺の調査について「日韓で協議の場を設定すべきだ」と求めました。