100倍の通信速度「5G」 電波を携帯4社に割り当て[2019/04/10 11:55]

 総務省は次世代の通信規格「5G」に必要な電波を携帯4社に割り当てます。今の100倍速い通信速度のサービスが来年から本格的に始まります。

 5Gの割り当てにはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが申請していて、総務大臣の諮問機関である電波監理審議会で審査し、4社すべてに割り当てることを決めました。5Gでは2時間の映画が3秒でダウンロードでき、自動運転や遠隔医療など幅広い応用が期待されています。あらゆるものがネットとつながる社会基盤となるため、総務省は早期の全国的な普及を求め、4社も準備を急ぐとしています。