桜田五輪担当大臣が辞任「復興以上に大事な議員」 [2019/04/11 05:50]

 桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣が「復興以上に大事な議員」などと発言して辞任しました。

 桜田大臣は10日夜、都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆議院議員のパーティーであいさつして「復興以上に大事なのが高橋さん」と発言しました。桜田大臣は発言の後、直ちに総理官邸を訪れて安倍総理大臣に辞表を提出しました。
 桜田五輪担当大臣:「被災者の皆さんの気持ちを傷付けるような発言をしてしまって申し訳ない。撤回させて頂きます。それだけでは十分ではないと思いますので、責任を感じて辞表を出させて頂きました」
 安倍総理大臣:「被災地の皆様に内閣総理大臣として、この発言について深くおわび申し上げたい。任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。こうした事態に至ったことにつきまして、国民の皆様におわびを申し上げる次第です」
 安倍総理は、桜田大臣の後任として前のオリンピック・パラリンピック担当大臣である鈴木俊一衆議院議員を充てる方針を固めました。11日に正式に決定する見通しです。