辞任した桜田大臣の後任に岩手出身の鈴木俊一氏[2019/04/11 10:30]

 安倍総理大臣は10日夜に更迭した桜田前オリンピック・パラリンピック担当大臣の後任に、前任者の鈴木俊一衆議院議員を起用する方針を表明しました。

 安倍総理大臣:「被災地・岩手の出身であり、復興五輪に強い思いを持っている鈴木さんに信頼を回復し、オリンピック・パラリンピックの成功に導いてもらいたい」
 安倍総理はこのように述べ、前任の鈴木議員を起用する方針を表明し、東北の復興に内閣が一丸となって全力であたる考えを強調しました。また、塚田前国土交通副大臣に続く辞任については「内閣全員が身を引き締めなければならない。批判も真摯に受け止める」と述べ、政権の立て直しを図る意向を強調しました。