10月の消費増税また延期? 総理側近が解散にも言及[2019/04/18 17:16]

 ここにきて、また延期の可能性が出てきました。10月に予定されている消費税率の引き上げ。総理側近が見送る可能性に言及です。

 自民党の萩生田幹事長代行は、インターネットの番組で10月に予定されている消費税の引き上げについて、6月の日銀短観(企業短期経済観測調査)の結果次第では延期もあり得るという認識を示しました。また、「増税をやめるとなれば、国民の信を問うことになる」と語り、安倍総理大臣が衆議院の解散総選挙を行う可能性についても言及しました。
 立憲民主党・福山幹事長:「解散するなら堂々と受けて立ち、野党で協力して安倍政権を倒す。絶好の機会を得ることができると考えています」
 共産党・志位委員長:「これは非常に重大な発言ですね。確信を持てなくなったということですよね」