F35B搭載計画の護衛艦「かが」 トランプ氏視察へ[2019/05/09 09:52]

 今月下旬に来日するアメリカのトランプ大統領が海上自衛隊最大の護衛艦「かが」を視察する方向で最終調整していることが分かりました。

 トランプ大統領は25日から28日にかけて、「令和」初の国賓として日本を訪問します。関係者によりますと、最終日に海上自衛隊の横須賀基地を安倍総理大臣とともに訪れ、護衛艦「かが」を視察する予定です。かがは今後、アメリカから購入する最新鋭のステルス戦闘機「F35B」を搭載し、事実上の空母として運用される計画です。両首脳がそろって視察することで、強固な日米同盟をアピールする狙いがあるとみられます。また、安倍総理とトランプ大統領は26日午前中に千葉県でゴルフをし、午後には大相撲5月場所の千秋楽を観戦する方向で調整が進められています。さらに、27日午前中に天皇皇后両陛下との会見、夜には宮中晩餐(ばんさん)会が行われる予定です。