北方領土「戦争で取り戻すの賛成か」議員発言に波紋[2019/05/13 17:02]

 北方四島の国後島へのビザなし交流の訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が「戦争で島を取り返す」という趣旨の発言をしていたことが明らかになりました。

 ビザなし交流の訪問団に同行した記者が録音した丸山議員の音声です。
 日本維新の会・丸山穂高議員:「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか?反対ですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「戦争で?」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「でも取り返せないですよね?」
 元島民・大塚小彌太さん:「いや、戦争はすべきではない」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「いや、戦争は必要ないです」
 丸山議員とやり取りをした訪問団の団長で元島民の大塚さんは、抗議の声を上げています。
 元島民・大塚小彌太さん:「私は真っ向から反対致しました。そこについては、戦争で取るとか取らないとかそんなこと私は聞いたこともありませんしね」
 丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」としています。
 これに対し、日本維新の会の松井一郎代表は「前後の脈絡がどうなのか精査しなければなりませんが、戦争で取り返すようなことは我々、党としてそういう考えは一切ありません」としています。