菅官房長官が京都視察 インバウンド拡大へ整備強調[2019/06/03 01:11]

 菅官房長官は、伏見稲荷大社など京都の人気の観光地を視察し、外国人観光客の拡大に向けて「環境整備を進めていく」と強調しました。

 菅官房長官:「分かりやすい多言語表示、アナウンス、無料Wi-Fi、キャッシュレスなど、外国人観光客にとって当たり前である環境整備をしっかり行っていきたい」
 菅長官は、外国人観光客に人気のある京都の二条城や伏見稲荷大社などを訪問しました。このなかで、パンフレットなど多言語への対応やキャッシュレス決済などの取り組みを視察し、外国人観光客の拡大に向けて今後、政府としても支援していく考えを強調しました。