安倍総理「密約は全くない」 野党の追及を完全否定[2019/06/05 14:55]

 安倍総理大臣は日本とアメリカの貿易交渉を巡り、野党側が「密約説」を唱えていることに対して「全くない」と強く否定しました。

 立憲民主党・石橋参院議員:「都合の悪い話を選挙が終わるまで隠しておくようにお願いしたとしか聞こえません。よもや、我が国の第1次産業を売り渡すような約束をしたんじゃないでしょうね」
 安倍総理大臣:「まさに具体的な交渉はこれからです。農林水産品について、過去の経済連携協定で約束した内容が最大限であるとの大前提を明確に日米で合意をしております。この合意を確認して頂きたい」
 野党側が密約説の根拠としているトランプ大統領の「大きな進展があった」などの発言について、安倍総理は「早期合意への期待感を表明したものだ。密約の事実は全くない」と反論しました。そして、去年9月の共同声明に沿って交渉を行う方針を強調しました。

こんな記事も読まれています