内閣支持率が低下 年金問題が影響か ANN世論調査[2019/06/24 12:24]

 安倍内閣の支持率が43.1%で、先月より3.9ポイント下がったことがANNの世論調査で明らかになりました。「老後2000万円問題」が影響したものとみられます。

 調査によりますと、「老後2000万円不足問題」で報告書を麻生財務大臣が受け取らなかったことについて約7割の人が評価しませんでした。また、5カ月連続で上昇していた安倍内閣の支持率は参議院選挙目前で約4ポイント下げています。一方、年金制度については6割以上の人が「信頼していない」としていて、「信頼している」を大きく上回っています。また、「信頼していない」理由として「将来、年金が受け取れない可能性がある」とした人が半数近くに上りました。