「安定か混迷に逆戻りか」通常国会閉会で総理会見[2019/06/26 17:59]

 参議院選挙の最大の争点は、安定政権で改革を進めるかだと強調しました。

 安倍総理大臣:「参議院選挙、最大の争点は安定した政治のもとで新しい時代への改革を前に進めるのか、それとも再びあの混迷の時代へと逆戻りするのか」
 安倍総理は通常国会の閉会を受けて記者会見しました。老後2000万円問題については、経済成長が年金給付の安定につながると強調しました。
 安倍総理大臣:「私たちの年金を充実する唯一の道は、経済を強くすることであります。いわんや高齢者の皆さんにとって大切な年金について具体的な対案もなきままに、ただ不安だけをあおるような無責任な議論は決してあってはなりません」
 また、憲法改正について「国会議員には国民に判断材料を提供する責任がある」と訴えました。

こんな記事も読まれています