トランプ氏「軍装備購入を」日米首脳 貿易など協議[2019/06/28 10:49]

 G20首脳会議がまもなく大阪で開幕します。これに先立って28日午前、日米首脳会談が行われて貿易問題などについて話し合われました。

 (政治部・山本志門記者報告)
 安倍総理大臣は3カ月連続の会談で日米同盟の強固さをアピールしたことに対し、トランプ大統領からはさらなる軍事装備品の購入を迫る考えをちらつかせるなど、したたかさを見せました。
 安倍総理大臣:「短期間にこれだけ頻繁に日米の首脳往来が続くのは強固な日米同盟の証しであろうと」
 トランプ大統領:「貿易の話もしますし、軍の話もするでしょうし、それから軍の装備品の購入などについても話をしたいと思います」
 そのうえで、トランプ大統領は「日本の企業や自動車メーカーがアメリカに投資していることに感謝する」と述べ、日本との貿易交渉を加速させる考えを示しました。一方、対立が深まる米中の貿易問題も会談の大きな焦点です。27日、習近平国家主席と会談した安倍総理は中国側の考えを直接、トランプ大統領に伝えたものとみられ、米中間での着地点を探りたい考えです。さらに、膠着(こうちゃく)状況が続く北朝鮮の核問題についてもかなりの時間をかけて協議され、解決に向けた道筋が見いだせたのかも焦点となっています。

こんな記事も読まれています