米軍経費「他国より多い」と総理 米大統領けん制[2019/08/09 23:28]

 安倍総理大臣は在日アメリカ軍の駐留経費を巡り、「日米双方の義務のバランスは取れている」と強調しました。

 安倍総理大臣:「日米双方の義務のバランスは取れていると考えています。従来から米国政府関係者は、日本の駐留経費負担を高く評価しています」
 在日アメリカ軍の駐留経費については、トランプ大統領が日本側にさらなる負担を求めてくるとの見方がありますが、安倍総理は日本の負担割合が他国より「はるかに多い」と述べ、トランプ大統領を牽制(けんせい)しました。また、日米貿易交渉については「日米双方にとってウィンウィンとなるよう早期の成果を目指す」とし、合意に意欲を示しました。一方で、具体的な合意の時期についての明言は避けました。