立憲と国民が院内統一会派へ 衆院選視野に協力態勢[2019/08/20 15:35]

 立憲民主党の枝野代表と国民民主党の玉木代表は20日午後に会談し、衆議院と参議院でそれぞれ統一会派を結成することで合意しました。

 立憲民主党・枝野代表:「数の力を背景とした自民党の姿勢に対し、より強力な構えで秋からの国会論戦に臨む」
 国民民主党・玉木代表:「国民の期待を受け止めることができる新しい動きにつなげていきたい。ひいては政権交代につなげていく第一歩だ」
 立憲民主党はこれまで、国民民主党に対して原発ゼロの政策などについて協力できることを条件に会派の合流を呼び掛けてきました。これに対し、国民民主党は支持基盤の連合に配慮して異論があったものの、今回、「政策を理解する」と譲歩したことで統一会派結成となりました。立憲民主党と国民民主党は次の衆議院選挙に向けて党の合流も視野に協力態勢を強めていく考えです。

こんな記事も読まれています