岩屋大臣「EEZへの飛来確認されず」飛翔体発射受け[2019/09/10 09:08]

 北朝鮮が10日朝、日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回、発射しました。

 岩屋防衛大臣:「けさ7時前後に北朝鮮が何らかの飛翔体を発射したものと承知をしています。政府としては情報収集、そして、分析に努めているところでございますが、いずれにしても、現時点において我が国の領域や排他的経済水域に飛来していることは確認されておりません。防衛省においては私のもとで先刻8時30分から関係幹部会議を招集致しまして、所要の情報収集、分析に努めているところでございます。なお、政府においては関係省庁局長級会議を開催し、情報収集と分析に努めたところでございます。北朝鮮は度重なるミサイル等の発射によりまして関連技術の高度化を図っていると認識しておりますので、引き続き深刻な課題と捉え、情勢をしっかりと注視をしていくとともに、警戒監視体制に万全を期して参りたいと考えております」

こんな記事も読まれています