大学入試の民間英語試験 高校生らが延期求め直談判[2019/09/28 06:16]

 来年度から始まる大学入試改革を巡り、受験を控えた高校生や教師らが大学入学共通テストに民間の英語試験を導入することを延期するよう国会内で直談判しました。

 会議に出席した高校生:「僕は経済的負担が掛かることを憂えていて…。正直、家計が苦しいので。それで受験で困ってるなかで民間試験を受けろだとか…」
 高校生や教師らは会議で政府関係者に対し、受験料などの経済的な負担による格差や民間団体が定める採点基準の不透明さを指摘しました。これに対して政府関係者は「懸念を解消できるように検討している」と述べるにとどめました。