総理 プラごみ海洋汚染問題「技術革新で解決へ」[2019/10/06 16:10]

 安倍総理大臣は科学技術に関する国際会議で英語で演説し、プラスチックごみによる海の汚染問題を巡って技術革新による解決を目指すべきと訴えました。

 安倍総理大臣:「必要なのはごみの適切な管理ですし、イノベーションに解決を求めることです」
 安倍総理はプラスチックは今後も社会にとって重要な役割を果たすと強調し、「プラスチックの敵視や利用者の排斥はすべきでない」と主張しました。そのうえで、微生物を活用して土や水の中でも分解される「生分解性プラスチック」を開発した日本企業の取り組みを紹介し、技術革新が汚染問題の解決を導くと指摘しました。

こんな記事も読まれています