質問通告 政府が漏洩か 野党が事前通告とりやめ[2019/10/17 17:08]

 野党の統一会派は、政府側に事前に通告した国会での質問内容が外部に漏れていた疑いがあるとして、今後は詳細な質問内容を通告しないと決めました。

 立憲・安住国対委員長:「質問の内容をこともあろうか横流しして、それでネットでたたいたり誹謗(ひぼう)中傷するなんていうのは民主主義にとっては許せない話。自民党も共有してくれると思いますが、できないんだったら厳しい質問を突然することになることも覚悟しろと」
 問題となっているのは15日の参議院予算委員会で、野党が質問する内容を官僚が事前に外部に漏らしたと疑われていることです。国会では、政府側が正確な答弁ができるように担当省庁に事前に詳細な質問内容を伝えることが慣例となっています。立憲民主党などの統一会派は、質問内容が漏れたとすれば公務員の守秘義務違反にあたる可能性があるとして、真相の解明と再発防止が確約されるまでは簡潔な通告しか行わない考えです。