日韓関係改善の兆し? 韓国大統領から総理に親書[2019/10/24 19:49]

 24日、安倍総理大臣が韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談しました。悪化している日韓関係の改善に向けた糸口はつかめたのでしょうか。

 安倍総理と握手を交わすのは韓国の李首相です。韓国政府ナンバー2の李首相は知日派として知られています。24日、総理官邸で行われた会談。悪化する日韓関係の改善に向けた糸口はつかめたのでしょうか。会談で安倍総理は、「日韓関係は非常に厳しい状況にあるが、重要な日韓関係をこのまま放置してはいけない」と述べました。また、「元徴用工訴訟問題を念頭に国と国との約束を遵守(じゅんしゅ)することにより日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作ってもらいたい」と述べ、「問題解決のための外交当局間の意思疎通を続けていく」と表明しました。これに対し、李首相は「対話の重要性についての認識を共有する」と応じました。
 会談では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領からの親書が安倍総理に手渡されました。会談を終えた李首相は記者団の質問に日本語で答えました。
 韓国・李洛淵首相:「(Q.(文大統領からの)親書は渡された?)そうです」「(Q.どのような内容が書かれていたか?)それは分かりません」