安倍総理ASEAN首脳会議へ 文大統領と会談予定せず[2019/11/03 14:11]

 安倍総理大臣は3日から3日間の日程でタイ・バンコクを訪問し、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議に出席します。

 今回の会議ではASEAN諸国のほか、日本や中国など16カ国が参加する自由貿易協定を巡る交渉が焦点です。この協定はRCEP(東アジア地域包括的経済連携)と呼ばれ、実現すれば世界の人口の約半分をカバーする巨大な自由貿易圏が生まれます。しかし、関税の撤廃や引き下げを巡って一部の国の間で意見の隔たりが大きく、目標としていた年内の妥結は断念する見通しです。会議では他に、中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢や北朝鮮の非核化に向けた議論も行われます。また、安倍総理は首脳会議に合わせて中国の李克強首相ら各国の首脳と個別の会談を行う方針です。ただ、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談は予定されていません。日本政府関係者は「文大統領と会っても話すことがない」と説明していて、対立が続く韓国との関係修復に向けた動きは見通せないのが現状です。