夕食会巡る総理の説明を非難 野党は国会で追及へ[2019/11/18 11:54]

 安倍総理大臣は「桜を見る会」の前日に後援会が開いた食事会の会費を巡り、「事務所や後援会に入金、出金はない」と述べて違法性はないという認識を改めて示しました。

 安倍総理大臣:「各参加者が直接、支払いを行っている旅費宿泊費については、当の食事代についても安倍事務所にも後援会にも入金はありませんので、領収書を発行していない。領収書も受け取っていないということです」「(Q.明細書はないのか?)事務所の方に確認しておりますが、そうしたものはないということです」
 一方、立憲民主党の安住国対委員長は「明細書がないなんて聞いたことがない」と非難したうえで、国会で追及する考えを示しました。
 立憲民主党・安住国対委員長:「ホテル側とホテルを使って何かをやる側がお互いその明細書がないなんていうことを戦後日本で聞いたことありません。総理大臣としては『呼ばれれば行きます』って。でも断っている自民党は安倍総理が自民党の総裁ですから、2役使い分け」