麻生氏「国同士の約束は守って」 日韓会議で苦言[2019/11/25 15:22]

 日本と韓国の国会議員や財界人が作る会議の総会で、日本側の会長を務める麻生副総理は韓国側に対して元徴用工の問題を念頭に国と国との約束は守るよう苦言を呈しました。

 麻生副総理:「現在、日韓関係は最も厳しい状況であると考えております。韓国には、国と国との約束はしっかり守って頂く必要があるとも考えております」
 日本と韓国の超党派の国会議員や経済界などの関係者で作る「協力委員会」の合同総会が都内で開かれました。GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の失効が回避されたものの、今なお、不安定な日韓関係に麻生氏は「このような時だからこそ、若者や地方の交流を活発に行うことが重要とも考えている」と訴えました。今回の合同総会では日韓協力をテーマに共同声明が採択される見通しです。

こんな記事も読まれています