「桜を見る会」に反社会勢力 野党追及「進退問題」[2019/11/27 11:57]

 安倍総理大臣主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたことについて、立憲民主党などの野党は「菅官房長官の進退に関わる問題だ」として徹底追及する方針を決めました。

 立憲民主党・安住国対委員長:「きのう、菅官房長官が反社会的勢力が桜を見る会に加わっていたとお認めになった。これは進退に関わる問題だ」
 野党は27日午後、警察庁を呼んで違法性について聞く方針です。また、安倍総理の招待枠でも不適切な人が招かれていたとして、引き続き総理に国会での説明を求めていきます。一方、政府・与党は総理の国会出席には応じない構えで、来月9日までの会期は現時点では延長しないとしています。

こんな記事も読まれています