「反社会的勢力」定義困難と閣議決定…“桜問題”で[2019/12/10 20:35]

 「反社会的勢力」の定義は困難という閣議決定です。

 安倍総理大臣主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していた疑いが浮上したことを受け、野党側がその定義について質問主意書を出しました。これに対して、政府は「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁を閣議決定しました。ただ、これまでの政府の文書では「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追及する集団または個人」などと記載されています。

こんな記事も読まれています