通常国会スタート 野党“桜”など3点セット攻勢へ[2020/01/20 12:01]

 通常国会が20日からスタートしました。カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件で現職議員が逮捕されたほか、「桜を見る会」を巡る公文書の問題も噴出するなか、波乱含みの幕開けとなっています。

 (政治部・村上祐子記者報告)
 安倍総理大臣は政府として補正予算案、新年度予算案の成立に全力を尽くす考えを強調しました。
 安倍総理大臣:「まず初めにやらなければならないことは昨年、相次いだ災害からの復旧・復興対策、そして、次なる災害に対する国土強靭(きょうじん)化、このための予算の一日も早い成立であります」
 政府・与党側は年金制度改革の関連法案など提出法案を戦後最少の52本に絞り込み、安全運転に徹する構えです。また、安倍総理としては憲法改正に向けて、まずは国民投票法案を成立させたい考えです。一方、野党側は「桜を見る会」「IR汚職」といった不祥事に加えて「自衛隊の中東派遣」を3点セットと位置付けて攻勢を強める方針です。政府・与党側の相次ぐ不祥事に厳しい目が向けられるなかでのスタートとなります。

こんな記事も読まれています