“疑惑の3人”国会に姿を見せ釈明 「深くおわび」[2020/01/20 19:30]

 国会は波乱含みの幕開けです。「政治とカネ」の疑惑の渦中にある議員3人がそろって国会に姿を見せて釈明するという異例のスタートとなりました。

 疑惑を持たれている議員がずらり一斉に。
 自民党・河井案里参院議員(46):「政治不信を招いておりますので、深くおわびを申し上げたい」
 自民党・河井克行前法務大臣(56):「深くおわびを申し上げたいと」
 自民党・菅原一秀前経済産業大臣(58):「心からおわびを申し上げる次第です」
 大臣を辞任して以来、約3カ月ぶりに国会に姿を見せた菅原衆議院議員。本会議場でまず向かったのは、安倍総理大臣、そして、かつて閣議室で肩を並べていた大臣です。第201回通常国会は、雲隠れをしていた議員がそろって活動を再開。開会前に謝罪をする異例のスタートとなりました。
 自民党・菅原一秀前経済産業大臣:「睡眠障害という診断を受けまして、ようやく体調が回復してきたものですから、(国会の)召集日初日に参った次第でございます」
 菅原議員は自分の選挙区の有権者にメロンやカニなどを贈っていた疑惑などが取り沙汰されています。ただ、その疑惑については…。
 自民党・菅原一秀前経済産業大臣:「告発状が出されたということでございますから、当局に対しまして誠意を持って答えて適切な時期を見据えて(国民に)説明していきたい。つまり捜査に支障がないようにしていかなければならない」
 「捜査に支障」「適切な時期」という言葉を繰り返し、具体的な説明はありませんでした。
 自民党・菅原一秀前経済産業大臣:「(Q.『捜査に支障』という理由だが、ご自身に支障が出るからとも受け取れるが?)いや、それは私というよりも捜査ということになれば、そこに支障が出るというふうな認識でございます。そ…捜査に支障が出るという認識でございます」
 一方、公職選挙法違反の疑いで地元事務所の家宅捜索を受けた河井夫妻。20日も説明を求められましたが…。
 自民党・河井克行前法務大臣:「まさに今、当局が刑事事件として捜査をしていらっしゃる最中ですので」
 自民党・河井案里参院議員:「捜査の進展を見ながら一区切りがついたところでしっかりと皆さまにご説明をさせて頂きたいと思っています」