外務省 武漢市の「感染症危険情報」をレベル2に[2020/01/23 15:09]

 中国・武漢市における新型肺炎の感染拡大を受け、外務省は武漢市に対する「感染症危険情報」をレベル2に引き上げて不要不急の渡航をやめるよう促しています。

 外務省は21日に中国への渡航に注意を呼び掛ける感染症危険情報レベル1を中国全土に出しました。そのうち新型肺炎の感染患者の多い武漢市については23日、レベル2に引き上げて不要不急の渡航を中止するよう求めています。また、外務省は感染がさらに拡大する恐れがあるとして、最新情報を確認して感染予防に努めるよう呼び掛けています。