“帰国できていない”日本人 60カ国以上に約3300人[2020/04/10 15:29]

 帰国を希望しているにもかかわらず帰国できていない日本人が60カ国以上に約3300人いることが分かりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界各国は国境封鎖や移動制限の措置を取っています。衆議院の外務委員会で茂木外務大臣は、帰国を希望しているにもかかわらず帰国できずにいる日本人が9日時点で60カ国以上に約3300人いることを明らかにしました。このうち約2900人は民間のチャーター機などによって出国のめどが付いているということです。外務省は残る約400人の帰国希望者についても早期の帰国が実現できるよう支援していく考えです。また、ペルー、インド、ポーランドなどで出国が困難になってから合わせて約4600人の日本人が帰国しています。

こんな記事も読まれています