新型コロナ 輸送支援が自衛隊から民間へ[2020/04/23 07:29]

 防衛省は、成田空港で行っていた新型コロナウイルスのPCR検査を終えた帰国者らを運ぶ支援を民間に委託することを明らかにしました。

 自衛隊はこれまで世界各国から成田空港に帰ってきた日本人ら約4000人について、PCR検査の結果が判明するまでの間に滞在する千葉県成田市内のホテルへの輸送支援を行ってきました。自衛隊法に基づく自主的な災害派遣でしたが、今週から本格的に民間のバス会社が輸送支援を行うことになり、自衛隊員が防護服の扱い方や脱ぎ方についてレクチャーしました。約20人の運転手らがバス10台で空港からホテルまでの輸送を行ったということです。今週末で輸送支援は自衛隊からバス会社に代わり、緊急事態宣言の期間となる来月上旬まで続く方針です。

こんな記事も読まれています